スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.11.23 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    南極大陸 あらすじ 第6話

    0

       昭和30年代といえば、日本はまだ
      豊かとはいえませんでした。


      お金もモノも十分ではない時代に、
      大きな夢に挑戦した人たちの物語。


      今日も、じっくりみましょうか。


      南極大陸のあらすじ 第6話です。


      ボツンヌーテンの初登頂に成功した
      倉持たちだが、遭難してしまう。


      無線機は壊れ、予定したコースを
      外れていて、昭和基地からの救助を
      待っても無理だと思えた。


      運命を犬に託した倉持はリキ、タロ、ジ
      ロの3匹を解き放った。

      リキ、タロ、ジロが仲間のところへ
      帰るであろう犬の帰巣本能を信じて。

       


      寒くて、広ーい南極大陸遭難したら・・・・


      想像してみてもゾーとします。


      私なら、最初から南極大陸には行きませんけど。


      倉持さん、犬塚さん、氷室さん死ぬな!と
      声をかけたくなります。

      ★南極大陸に関連する商品を楽天市場で探す★

      スポンサーサイト

      0
        • 2011.11.23 Wednesday
        • -
        • 15:19
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>

        アクセス解析

        クリック証券のFX QLOOKアクセス解析

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        書いた記事数:17 最後に更新した日:2011/11/23

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM